ブログ一覧

電話:090-3676-9777(受付時間 20:00〜24:00/年中無休)
住所:〒596-0812大阪府岸和田市大町121-3

アナフィラキシー アレルギー

こんにちは。

 

獣医師の宮端です。

 

今回はアナフィラキシーショックについて紹介します。

 

アナフィラキシーとは全身性のアレルギー反応のひとつで

特に重篤な症状である「アナフィラキシーショック」は生命を脅かす危険があるため、迅速な治療が必要となるアレルギー反応です。

 

アナフィラキシーの原因となる抗原(アレルギーの原因)には主に「食べ物」と「薬物」が挙げられます。

食べ物は人間では蕎麦アレルギーや甲殻類アレルギーなどが有名です。

動物病院で接種するワクチンは薬物の中に分類されます。

 

アナフィラキシーを起こすと痒みがでる、顔が腫れるなどの症状の他、息苦しくなる呼吸異常の症状や血圧が低下する循環異常の症状が見られることがあります。

 

特にこの呼吸異常、循環異常が恐いのです。

 

この症状を起こしたアナフィラキシーの処置が遅れると、虚脱・痙攣・昏睡へと症状が進行し、最悪の場合死に至る可能性もあります。

 

アナフィラキシーはアレルギーの一種だからといって侮ってはいけません。

特にいつもと違う物を食べさせたり、ワクチンを接種したなど明らかな心当たりが無くても少しでも変だなと思うことがあればお気軽に当院までご相談下さい。

 

当動物病院ではお役立ち情報等をブログにて配信しております

大阪のガーデン動物病院のブログでは、病院の診療風景の様子や夜間救急対応に関する情報、飼い主様と楽しめる各種イベントの情報、お役立ち情報などを写真付きで配信しております。
併設のtocotoco cafeでの飼い主様に嬉しいスイーツ試食会や、メイソンジャーお持ち帰り企画のご案内、高齢のペットとの過ごし方をガーデン動物病院の獣医師とランチを楽しみなながら学べる「ランチしながらシニア相談会」などのご案内も配信しております。
ガーデン動物病院待合室では、動物保護団体を通じた譲渡会やチャリティーバザーなどを開催するなど、様々な催しものも盛んです。ブログを見てご興味持たれた方は、ぜひ大阪のガーデン動物病院まで足をお運びください。