ブログ一覧

電話:090-3676-9777(受付時間 20:00〜24:00/年中無休)
住所:〒596-0812大阪府岸和田市大町121-3

緑内障

今回の紹介する緊急疾患は緑内障です。

 

 

 

名前はよくきいたことがあるこの疾患も緊急性の高い病気に含まれます。

 

 

その理由は「視神経障害をきたしてしまうから」です。

 

 

 

この視神経障害が起こって失明に至ってしまえば元にもどることはありません。

 

 

原因も様々なのですが、まずは上昇してしまった眼圧(眼球の圧力)をいかに早く治療するかが失明するかしないのか分かれ目になってきます。

 

 

眼圧には日内変動もありますので、注意してみなければいけません。

 

 

 

また、眼圧が上昇してくると痛みが出てきます、痛いので眼が開けられない、開けづらい、結膜が充血してくる、ときには目が白くなってきた(内部というよりは表面が)といった症状が出てきます。

 

 

この症状も他の眼疾患の症状と区別がつきません。

 

 

眼圧測定をしないと緑内障の否定はできませんので、このような眼の症状で「傷でも入ったのかな」「明日まで様子をみてみよう」と判断するのは危険ですので、眼の症状が出たときは夜間でもすぐに病院にいくことをおすすめします。

 

 

 

緑内障の原因は様々ですので、ひとまずの緊急処置を施したら原因を探らないといけません。

 

 

中には原因を探るのが難しいものもあります。

 

 

こうした難解な原因に対しても当院では現在、眼科の専門外来も行える体制が整っています。

 

 

 ぜひご相談ください。

 

糖尿病 多飲多尿、インスリン、肥満

こんにちは。獣医師の因野です。
今回は糖尿病について紹介します。

 

糖尿病は、インスリンの作用か低下することで、血液中の糖を分解してエネルギーに変えることがでない病気です。糖を分解できないので、その結果、血液中や尿中の糖の濃度が増加します。

 

治療はご存知の方が多いかと思いますが、インスリンの投与です。また、食事や運動も血糖値のコントロールに重要となります。
ほとんど場合は、一生インスリンを投与し続ける必要があります。

 

主な症状は、多飲多尿(飲水量、尿量の増加)で、食欲があるにもかかわらず体重が減少することもあります。
また合併症として、白内障や網膜症、細菌感染症、腎障害、肝障害などもみられます。

 

さらに、糖尿病は進行すると、ケトン体と呼ばれる物質が体内に蓄積され、糖尿病ケトアシドーシスという、意識が無くなったり神経症状が見られるような、非常に危険な状態になってしまいます。
こうなると、命に関わってきます。

 

ねこちゃん、わんちゃんにも糖尿病はよく見られる病気です。糖尿病は適切な治療により、快適に生活を送ることもできます。
危険な状態になる前に発見できるように、定期的な健康診断をお勧めします。

 

また、肥満やストレスが糖尿病を誘発するので、日頃の体重管理をしっかりとしてあげましょう。

 

何か気になる症状がみられましてら、当院までご相談下さい。

 

 

 

膀胱炎 おしっこ出ない 血尿 頻尿

今回は膀胱炎について紹介します。
膀胱は、おしっこを貯めておく袋のようなもので、ここに炎症が起こり、様々な症状が見られるのが膀胱炎です。

 

膀胱炎の原因には、尿石、菌の感染などがあり、ネコちゃんではストレスが原因になることもあります。膀胱炎になった場合は、尿検査やエコー検査を実施して何が原因かを調べ、その原因を取り除いてあげる必要があります。
尿石が原因の場合は、ごはんを療法食に変えたり、大きな石ができている時は、手術で取り除く必要があります。菌の感染が原因の場合は、抗生剤をしっかりと飲んでいただく必要があります。

 

主な膀胱炎の症状は、おしっこを何度もする、おしっこに血が混じっている、おしっこする時に痛がったり、出にくそう、元気や食欲がない、などが挙げられます。

 

この様な症状が見られるときは、膀胱炎の可能性が高いので、早めに受診ください。
可能であればおしっこを持ってきてください。
写真は、エコー検査の画像です。膀胱の中に大きな尿石が出来ているのがわかります。

 

 

 

 

当動物病院ではお役立ち情報等をブログにて配信しております

大阪のガーデン動物病院のブログでは、病院の診療風景の様子や夜間救急対応に関する情報、飼い主様と楽しめる各種イベントの情報、お役立ち情報などを写真付きで配信しております。
併設のtocotoco cafeでの飼い主様に嬉しいスイーツ試食会や、メイソンジャーお持ち帰り企画のご案内、高齢のペットとの過ごし方をガーデン動物病院の獣医師とランチを楽しみなながら学べる「ランチしながらシニア相談会」などのご案内も配信しております。
ガーデン動物病院待合室では、動物保護団体を通じた譲渡会やチャリティーバザーなどを開催するなど、様々な催しものも盛んです。ブログを見てご興味持たれた方は、ぜひ大阪のガーデン動物病院まで足をお運びください。