電話:090-3676-9777(受付時間 20:00〜24:00/年中無休)
住所:〒596-0812大阪府岸和田市大町121-3

椎間板ヘルニア 歩けない、後肢麻痺、疼痛

今回は椎間板ヘルニアについて紹介します。

椎間板ヘルニアは激しい運動や段差の上り下り、跳んだり跳ねたりや肥満などが原因で起こります。

特にミニチュア・ダックスやペキニーズ、プードル、シーズー、パグ、ビーグルといった軟骨異栄養症性犬種(ナンコツイエイヨウケンシュ)と呼ばれる犬種に多く見られます。

椎間板は椎骨(背骨)と椎骨の間にあり、クッションの役割を果たし衝撃を和らげます。

何らかの原因により、本来あるべき場所から椎間板が飛び出して、椎骨の中内部を通る脊髄を圧迫したり、傷害を与えることで痛みや神経麻痺が生じます。

主な症状は、首や腰(発症部位により異なる)を痛がることです。

重症だと神経麻痺が起こり、足を引きずる、歩けない、また、おしっこができないという症状がみられます。

治療は、症状がまだ軽いうちであれば、薬で痛みを抑え、運動を控えて安静にさせる、内科的治療を行います。

内科的治療で改善ない場合や症状が重度の場合には、外科的治療を行い飛び出した椎間板物質を取り除き、脊髄の圧迫を取り除きます。

外科的治療後はリハビリを行って、神経の機能回復を図りますが、神経傷害が重い場合は麻痺が残ります。

特に椎間板ヘルニアを発症しやすい犬種では、フローリングで走るのを控え、段差をあまり昇り降りさせないようにしましょう。

また、肥満防止も大切な予防なので、食事管理には気をつけて下さい。


当院では、椎間板ヘルニアの手術も行なっております。

このような症状がみられましたらご相談下さい

 

image1.JPG